【印刷用レイアウト】

firewoods 

薪ストーブの季節がやってきました。

薪を運び、焚き付けをし、オーロラ燃焼でメラメラ。
電源を持たないこのストーブは空気の量で燃焼を調節します。
空気を送り込んで燃焼を促し一気に温度を上げ、その後は空気量を絞り温度を維持させる。
至ってシンプルだけれど、燃え方は薪によって異なります。
気の短いやつもいれば気長な奴もいる。
今年は店の工事の際に出た廃木材も燃料にします。
いよいよ冬の到来です。
美しい季節になればと思う。

12月11日 水曜日は、定休日となります。

宜しくお願い申し上げます。

師走

今年も12月を迎えました。

春から初夏にかけて2ヶ月ほどお休みを頂きました。
長年の懸念事項であった屋根の防水工事をはじめ、外構工事、そして2階の改修を行いました。
キッチンから離れて内装工事を行ったのですが、
たまにお店から離れるのもいろいろとメリットがあることに気がつきました。
視野が広がり考え方が柔軟になり料理にもいい影響がありました。
次は外壁の塗装か、あるいは1階部分の改修かというところですが、
少し時間をおいて考えたいと思います。

今年もあとひと月ですが宜しくお付き合いください。

12月4日 水曜日は、定休日となります。

宜しくお願い申し上げます。

写真集

写真集を買った。

ドイツのどこかの町の、あるいはどこかの村の畑の写真を収めたものだ。
特にみずみずしい写真があるわけでもなく、ただただ広がる大小の畑を撮っている。
畑とはそういうものなのだ。
その "整い過ぎていない" 感じが堪らなく良い。
僕自身、人としてそのように歳を重ねていけたらと思う。

飾らず、気負わず、ためらわず。

ドイツのどこかの町の、あるいはどこかの村の畑の写真を収めた写真集のように。

11月27日 水曜日は、定休日となります。

宜しくお願い申し上げます。

エントツソウジ

薪ストーブの煙突掃除をしました。

といっても掃除をしたのは室内側だけです。
外側の煙突は屋根の防水工事の際に、屋根屋さんに道具を渡してシコシコとやっていただきました。
大変な作業なのでとても助かりました。
12月に入って、最高気温が10度以下の日がきたらいよいよ薪ストーブの出番です。

薪を運び、焚きつけ、そしてオーロラ燃焼。
薬缶からは湯気が上がる。
秋は足早に過ぎ去り、落葉が冬の到来を告げる。
霜が降りた土の上には、結晶が淡い絨毯を作る。
僕はその土の中から大根を引き抜き、凍えた手をストーブにかざす。
温もりが体の芯まで伝わる。
いい冬を過ごしたいと思う。

11月20日 水曜日は、定休日となります。

宜しくお願い申し上げます。

リノベーション

二階の窓に新しいペアガラスが入りました。
これで大掛かりな工事は終わりとなります。

あらたな窓、壁、天井、床、照明。
僕は静かに過ごすことのできる空間が作りたかった。
ミニマムでセンシティブな空間。

時折ゆれる枝葉を窓越しに眺め、再び膝の上の本に目を落とす。
開け放った窓から風がいたずらに本の頁を捲っていく。
鳥が鋭く横切っていく。
傍らにはコーヒーカップとソーサー。
窓を閉じ、椅子に掛けなおし、少しページを戻りつつ文字を追う。
陽が傾くと壁の色が濃さを増した。
深い深い灰色となった。
栞を挟み本を閉じた。
しばし夕闇を見つめた。

来年に準備が整い次第、何かしらはじめたいと思います。

11月13日 水曜日は、定休日となります。

宜しくお願い申し上げます。

日々を綴る

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリー
最近のエントリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る