【印刷用レイアウト】

新訳

弊店の本棚には古い本もあれば、そこそこ新しいものも御座います。
先日本屋へ出向いた際、今の時代に埋もれてしまいそうだが、
まだまだ楽しめるであろう少し古い時代の小説家の新訳が出ておりましたので、
いそいそと数冊買い込んで参りました。

わたしもまだすべては読んではおりませんが、
なんといいますか、肌になじむというか、言葉にできない安心感があります。
最新の新刊はやはり其の時代性を反映するべく、現代の難しい言葉が表記されていて、
わたしのおつむではなかなかとついていけないこともあります。
しかしながら、いくらか古いものというのは、
其の物語性の中に入っていく上での "障害物" が少ないのがいいですね。
「第一ハードルは跨ぐことが出来たのだけれど、第二ハードルで足が引っ掛かった。」
ということがあまりないのです。
英語の頭文字を4つ並べた短縮語やコンピューター関連の記述、専門用語などはわたしには難しいのです。
よろしければ手に取って読んでみて下さい。

6月27日 水曜日は、定休日となります。 
宜しくお願い申し上げます。

ガリ版

"ガリ版印刷" をご存知でしょうか?

「ペーパーレスな時代に何を言っておるのだ」と感じる方もいらっしゃるとは思いますが、
実は、友人と一緒にガリガリやろうという計画があるのです。
さて、何を書いたらいいのかなと想いを巡らすのですが、
ああいった時代性のあるものを利用して、
最新のサイエンスをまとめた論文でも発表できれば、面白いだろうなと思います。
しかしながら、サイエンスのサの字とも縁のないわたしには到底無理な話です。
古いものに新たな風を通すというのは、建物における "リノベーション" がそうであるように、
必要以上に手を入れ過ぎてしまう、あるいは手を入れなさ過ぎる、
この "さじ加減" が大切だと思います。

其の "ガリ版印刷機" は、わたしにどのような風を感じさせてくれるのでしょうか。
楽しみでなりません。

6月20日 火曜日は、お休みとなります。
宜しくお願い申し上げます。

ひとり席

"ひとり席"

いいですよね。

ひとり席が出来たことで、店内にいい具合の "間(ま)"が出来ました。
この "間" を作るというのは、なかなかと難しいのです。
単純に物を置かなければ "間" が出来るという訳ではありません。
おそらくは、盆栽などと同じなのだろうと思うのですが、
スペースの制約がある中で、どれだけ伸び伸びとした空間を作ることが出来るか、
という考え方が "間" につながるのだろうなと考えます。
数字や法則に頼るのではなく、ここでは人の持つ "感覚" がものをいうと思います。

文章における "改行" や "表記(漢字、かな)、あるいは "書体" なども、
"間" を大切にするために、「あーでもない こーでもない」と悩むのでしょう。

何を隠そう(まったく隠す必要などないのですが)わたしは常日頃から "半角スペース" を用います。
この投稿でも多用しておりますが、
わたしにとって "半角スペース" の "間" がないことには、文章が収まらないのです。
プロの物書きではありませんので、そんなことはどうでもいいのかもしれませんが、
やはりそういったところにこそ、物事の大切な何かがひょっこりと隠れているのではなかろうかと思うのです。

皆様にとって、良い "ひとり席" となれば幸いです。
庭の紫陽花も小さく笑っております。

6月13日 水曜日は、定休日となります。 
6月14日 木曜日は、お休みをいただきます。
宜しくお願い申し上げます。

梅雨

さて、雨の季節になる前に、玉葱、ニンニク、きたあかり(じゃがいも)を収穫しなければなりません。
かなりの量の収穫をひとつずつ手作業で行いますので、まぁ大変なのですが、
植え付け作業と比べれば楽なものです。
晴れが3日続いた後を狙って、ごっそりと商用バンに積んで参ります。
こんにゃくの様な色と形の味も素っ気もないバンですが、(こんにゃくは好物です。)
こういった作業には便利です。
しかしながら、農道を走るにはいささか大きく、時に困ったことになることもあります。
やはり "軽トラ" が最高なのですが、個人的には "フルゴネット" がいいなと思います。
そこで頭に浮かぶのは "ルノーエクスプレス" ですね。
雨や陽射しを避けるにはハッチバックの方が便利です。
となると台湾製の最終型あたりでしょうか。
いけません、何だか悪い虫が騒ぎ始めました。

雨の日というのは、やはり体を休めるに限ります。
必要に迫られれば、雨合羽を着て畑仕事をすることもありますが、
できれば、シトシトと降る雨音に耳を傾けながら、ゆっくりと本を読みたいところです。
ヘミングウェイなんかいいですよね。
来たる夏に備えて、"整えておく" ことも大切であろうと思います。

玉葱、ニンニク、じゃがいもは、どんな料理になるのでしょうか。
ぼちぼちと考えて参ります。

6月6日 水曜日は、定休日となります。 
宜しくお願い申し上げます。

日々を綴る

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
カテゴリー
最近のエントリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る