【印刷用レイアウト】

毬栗

目覚ましよりも早く蝉が鳴きはじめる。
最初に鳴く蝉は 「おい、まだ早いか?」 といくらか遠慮がちに鳴きはじめるのだが、
2、3拍おいて仲間が鳴きはじめると、もうとめどなく辺りは蝉の声であふれかえってくる。
僕はまだ早いからと15分ばかり布団の中で過ごすのだけれど、
彼等の多重奏の前では、どうも2度寝は無理なようだ。
コーヒーを淹れ、トーストを焼きピーナッツバターを少しだけ塗って食べる。

蝉が鳴いている。

まだ少し早いけれど、今日の料理の準備をはじめる。
時間にゆとりがあるからひとつずつ確実に。
2時間ほど働いてから庭に出て休憩をとる。
ドアを開いたとたんムッとする熱気と蝉の鳴き声に包まれる。

目の前の木には栗の実がぶら下がっていた。
いくらか大きくなった毬栗が夏の終わりを告げていた。

8月21日 水曜日は、定休日となります。
8月22日 木曜日は、お休みとなります。

宜しくお願い申し上げます。

お盆の営業

毎度御来店頂きありがとう御座います。

8月14日 水曜日は、定休日となります。

時間にゆとりをもってお越しください。

営業時間は 11時~17時となります。

宜しくお願い申し上げます。

洗濯

ひとりでカフェの席に着いて注文を済ませたら、少しの空き時間ができます。
注文した商品がテーブルに運ばれてくるまでの10分から25分くらいの時間。
水を口に運び、腰の落ち着く場所をみつけて、さてと、しばしの空白。
その "空白" のような時間はとても個人的な時間となります。
なにをするのか、あるいはなにもしないのかは、その個人にゆだねられるのですが、
わたしは個人的にその "空白" がわりに好きです。
洗濯乾燥機の中で衣類がふわりふわりと回っているような感じというか、
気持ちの中でちょっとした浮遊感が生まれるんです。
注文した商品を心待ちにしながら、過ごすその時間は、
あるいは文字通り、何かの洗濯をしているのかもしれません。
そんなことを考えながら、夏を迎えます。

8月7日 水曜日は、定休日となります。
宜しくお願い申し上げます。

日々を綴る

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリー
最近のエントリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る