【印刷用レイアウト】

焚きつけ

今年は庭の栗の木を随分と短く切りました。
いささか大きくなり過ぎていたので、思い切ってチェーンソーで切り落としました。
この切り落とした枝は、
「国産豚肩ロース肉の切り落とし」が焼きそばに重宝されるのと同じように(同じではありませんね)
薪ストーブの焚きつけに使われます。
薪ストーブのユーザーさんからよく聞くのが「薪が足らない」という言葉です。
しかしながら、わたしの経験から言わせてもらいますと、
「焚きつけが足らない」ということもしばしば御座います。
何せこれがなければ太い薪へ火を移すことが出来ませんので「陰の主役」ともいえる存在なのです。
まぁしかし大変な作業でした。
せっせと頑張りましたので、今年の冬は少しは楽が出来そうです。

4月11日 水曜日は、定休日となります。 
宜しくお願い申し上げます。

日々を綴る

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリー
最近のエントリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る