【印刷用レイアウト】

過ごすということ

食後のお茶というのは、気持ちのゆとりのようなものだと思っております。 
無ければないでなんとでもなってしまいます。
しかしながら、食後のお茶を楽しむことができる "余裕" のようなものがあるとないとでは、
時間の過ごし方の意味合いがいくらか(あるいは大きく)変わってしまうのではないかと思います。
こんなことを書いたところで、世の中の何かががらりと音をたてて変わるわけではないのですが、
今不足しているのは、そんな "余裕" なのではないかと思います。
欲深い我々にとって、お金の余裕というのは底なし沼の如く底の見えないものですが、
気持ちの余裕というのは、時と場合にもよりますが、
其の人自身でもって、ある程度確保できるものだと思います。

"時間を過ごすということ"

わたしにとって大切なフレーズとなっております。

1月30日 水曜日は、定休日となります。 
宜しくお願い申し上げます。

日々を綴る

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー
最近のエントリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る