【印刷用レイアウト】

初版

昼になってもさっぱりと気温のあがらなかった寒い日の夕方、
1冊の本が届きました。
とある米国人小説家の作品をまとめた日本語訳の全集のうちの1冊なのですが
決して安くはないし、ここはひとつ古本で1冊ずつそろえてみるかと思い購入したものでした。
(全部で7巻)

陽が暮れるまで庭木の剪定作業を行い、それから店内の掃除を済ませ、
「さて、包みを開けてみるか。」とぴたりと隙間なく閉じられたフィルムを剥がし
箱から本を取り出しました。

久しぶりのハードカヴァーにほくそ笑みながら
表見返しを開けると、そこにはなんと著者のサインが入っているではありませんか。
そして裏表紙見返しには翻訳者のサイン。
年末年始の休みはいそいそと庭仕事に精を出しておりましたので
その褒美がもらえたような気がして嬉しい限りです。

小遣いを貯めては1冊ずつ買いそろえていきたいと思っております。

2月6日 水曜日は、定休日となります。 
宜しくお願い申し上げます。

日々を綴る

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー
最近のエントリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る