【印刷用レイアウト】

お盆の営業

毎度御来店頂きありがとう御座います。

8月14日 水曜日は、定休日となります。

時間にゆとりをもってお越しください。

営業時間は 11時~17時となります。

宜しくお願い申し上げます。

洗濯

ひとりでカフェの席に着いて注文を済ませたら、少しの空き時間ができます。
注文した商品がテーブルに運ばれてくるまでの10分から25分くらいの時間。
水を口に運び、腰の落ち着く場所をみつけて、さてと、しばしの空白。
その "空白" のような時間はとても個人的な時間となります。
なにをするのか、あるいはなにもしないのかは、その個人にゆだねられるのですが、
わたしは個人的にその "空白" がわりに好きです。
洗濯乾燥機の中で衣類がふわりふわりと回っているような感じというか、
気持ちの中でちょっとした浮遊感が生まれるんです。
注文した商品を心待ちにしながら、過ごすその時間は、
あるいは文字通り、何かの洗濯をしているのかもしれません。
そんなことを考えながら、夏を迎えます。

8月7日 水曜日は、定休日となります。
宜しくお願い申し上げます。

design

2階の改修をはじめて以来、ずっとデザインのことを考えています。
カフェの業務にかかりきりですっかり忘れていた "デザイン" するということ。
わたしはデザイナーではないので、誰かにデザインを提供することはできないけれど、
協力者の支えのもと、なにかをつくり出していくことなら可能です。
ショップカード、Webデザイン、テーブルや建具、建物の改修。
どれも人に力を借りてつくってきました。
2階の基本的な改修はもうすぐ終わりますが、
ここから家具選びやアート、細かな個所に目を向けてひとつのデザインを完成させたいと思っています。

7月31日 水曜日は、定休日となります。
宜しくお願い申し上げます。

rain

雨の日の多い梅雨でした。
梅雨なのだから当然なのですが、 
なんだか久しぶりの梅雨らしい梅雨だったような気がします。
だからかどうかわからないけれど、作物は良く育ちます。
そしてよく雨が降る。

朝から鈍い雲が広がっている日は、
チェット・ベイカーの甘ったるく気怠い声があたりに響く。 
"My funny Valentine, sweet comic Valentine" 

音符の形をした雨粒が空から落ちてきて、
鍵盤をはじくように地面を蹴る。
まるでヒール姿ではしゃぐ女性のように。
音が放たれ、空へと放射状に響いていく。

傘がくるくると回る。
水滴が勢いよく四方に飛んでいく。
まるでレコードをのせたターンテーブルから音が放たれるように、
音符の形をした水滴が自由を得て飛び回る。

雨の日は音楽的。
独特なリズムがありますよね。

7月23日 火曜日は、お休みとなります。
7月24日 水曜日は、定休日となります。
宜しくお願い申し上げます。

小さな店ということに

小さな店を営んでいる方々の思いのひとつとして

「いい時間を過ごしてもらいたい。」 ということがあるのではと思うことがあります。

弊店のショップカードには

"ささやかではあるけれど滋養のあるひとときを あるいはその傍らで佇むということ。"

という短い文章が印刷されています。

ひとそれぞれ「いい時間」の種類は異なるのかもしれませんが、
帰り際に 「いい時間が過ごせたな。」と思っていただけたならば店主としては嬉しい限りです。
ひとり本を読む方も、音楽に耳を傾ける方も、お喋りに花を咲かせる方も。
どうか皆にとって "滋養のあるひととき" でありますように。

7月17日 水曜日は、定休日となります。
宜しくお願い申し上げます。

日々を綴る

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
カテゴリー
最近のエントリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る