【印刷用レイアウト】

句集

初めての "句集" を買いました。
とはいっても、著名な歌人のものではなく、
とあるイラストレーターが詠んだ句を集めたものです。
現代的な言葉で読みやすく、時にクスッと笑える句もあります。

短編小説にも言えることですが、
小さな世界かと思いきや、其の奥行きを感じた時に、
じわりじわりと世界が広がっていくのです。
まるでゆっくりと潮がひいていった遠浅の砂浜のように、
少しずつ見えてくるものがあります。

10月17日 水曜日は、定休日となります。
宜しくお願い申し上げます。

したく

朝の空気が冷やりとすると、吐く息が白くないかと確認してしまいます。
押し入れからウールのセーターを取り出しやすい場所へ移動して、
ネルシャツとフリースジャケット、そしてニットキャップも忘れずに。
今年は肉厚のソックスを新調したいところです。
足元も丈夫なローカットブーツが一足必要です。 洒落たものは必要ありません。
肌さわりが良くて丈夫であること、色はアースカラーで良い。
紅葉の邪魔をしてはいけないから。
極力洗えるものを選ぶ。
土や枝葉、薪のささくれにも負けてはいけない。
薪ストーブの炉に触れてもへっちゃらな素材で。
クルマの乗り降りの際も脱ぎ着する必要のない程度の薄手の上着が好ましい。
その昔、北欧の国で製造されていたとあるメーカーの車のダッシュパネルのスイッチは、
極寒時に手袋をはめたままで操作できるようにと大ぶりな作りでした。
質実剛健 寒い時期はそれに限ると思います。
 
10月10日 水曜日は、定休日となります。
宜しくお願い申し上げます。

あとがき

何を隠そう(まったく隠す必要などないのですが)わたしは "あとがき派" です。
"あとがき派" とは何か?
すなわち、あとがきから先に読むわたしのような人のことを指します。

なぜこのような習慣がついたのかと申しますと、

1 兎に角あとがきが好きだ
2 バックグラウンドをある程度理解したうえで読み進めることで、其の物語性に入っていきやすい
3 わかっちゃいるけどやめられない

となります。
しかしながら、あとがきで事細かに "解説" が入っている場合は、勿論あとがきを先に読むことをやめます。
其処の判断は非常に大切であります。経験がものをいいます。

"あとがき"というのは、読み手と書き手をつなぐ糸電話のようなものだと思っています。
書き手の声が聴きたくて、つい先に読んでしまうのかもしれません。

10月も11時から17時の営業となります。

10月3日 水曜日は、定休日となります。
宜しくお願い申し上げます。

描写

もし神様から「おぬしにひとつ才能を与えてやろう」
と言われたら、あなたは何を望みますか?
まぁいろいろと要望がおありでしょうが、なにしろひとつです。
さて、お決まりになりましたか?
わたしは「描写」の才能を望みます。
自分が感じたことを、あるひとつの(あるいはいくつかの)表現方法を用いて
写しあらわすことができたらと思います。

版画家が想いを転写するように、弦楽器奏者が唄をつま弾くように、小説家が物語を紡ぐように。
写真家がファインダー越しにメッセージを送るように、ギャラリストが展示を通して物静かに語るように。
テキスタイルデザイナーが其のひと織りに言葉を込めるように、造園家が庭というひとつの生命体を育む様に。
ロースターが其の一秒に眼差しを注ぐように、木工職人が木目を愛でるように。

「何かに置き換えたいこと」 というのは、「うまく言語化できないこと」
だからひとは "描写" するのではないだろうか。


9月25日 火曜日は、お休みとなります。 
9月26日 水曜日は、定休日となります。
宜しくお願い申し上げます。

コーヒーフロート

8月某日 友人とシンガポール料理を楽しんだあとで、
とある喫茶店でコーヒーでも飲もうかということになりました。
食後にアイスクリームが食べたいなぁと思っておりましたので、
「アイスクリームでも注文するか」と思っていたところ、
「ならばコーヒーフロートにしたら」という友人からのアドヴァイスがあり
コーヒーフロートを注文しました。
しかしあれですね、ストローと長い柄のついたスプーンを両脇に従え、
中央に背の高いグラスに入ったコーヒーフロートが鎮座しているのですが、
これは "食べ物" なのか "飲み物" なのかという疑問で頭がいっぱいになりました。
そうこうしているうちにヴァニラアイスクリームが溶け出し、「どうすればいいんだ?」
と思い悩んでいたところ、友人からひと言
「ヴァニラアイスクリームをスプーンを食べて、そのあとにストローでコーヒーを飲めばいい」
と助言されました。 なるほど、これが巷で言うところの "二刀流" なのかと思った次第です。
しかしながら、思いのほか忙しい食べ物(飲み物?)でした。
まぁ致し方ないことでは御座いますが。

9月19日 水曜日は、定休日となります。 
宜しくお願い申し上げます。

日々を綴る

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
カテゴリー
最近のエントリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る