【印刷用レイアウト】

Soundtrack

とある映画の "サントラ" を購入致しました。
店の営業中にもスピーカーから流れてくるのですが、これがいけません。
つい映画のシーンを思い出してしまい、まったく仕事になりません。
そちらに気がいってしまうと、頭の中に記憶しておいた5番テーブルの注文や、
次にやるべきこと、そのまた次にやらなければならないことなどがすっ飛んでしまい
困ったことになります。
しかしながら、お昼のお客さんがお帰りになった後にこれらの曲が流れていると
これが堪らなく良いんですね。
後片付けもほっぽり出してついつい耳を傾けてしまいます。
陽も傾き耳も傾き、わたしの頭もうつらうつら傾いてしまいそんなこんなで冬の1日が終わっていきます。
そして、またもや1枚購入してしまいました。
これが堪らなく良いんですね。

2月13日 水曜日は、定休日となります。 
宜しくお願い申し上げます。

初版

昼になってもさっぱりと気温のあがらなかった寒い日の夕方、
1冊の本が届きました。
とある米国人小説家の作品をまとめた日本語訳の全集のうちの1冊なのですが
決して安くはないし、ここはひとつ古本で1冊ずつそろえてみるかと思い購入したものでした。
(全部で7巻)

陽が暮れるまで庭木の剪定作業を行い、それから店内の掃除を済ませ、
「さて、包みを開けてみるか。」とぴたりと隙間なく閉じられたフィルムを剥がし
箱から本を取り出しました。

久しぶりのハードカヴァーにほくそ笑みながら
表見返しを開けると、そこにはなんと著者のサインが入っているではありませんか。
そして裏表紙見返しには翻訳者のサイン。
年末年始の休みはいそいそと庭仕事に精を出しておりましたので
その褒美がもらえたような気がして嬉しい限りです。

小遣いを貯めては1冊ずつ買いそろえていきたいと思っております。

2月6日 水曜日は、定休日となります。 
宜しくお願い申し上げます。

過ごすということ

食後のお茶というのは、気持ちのゆとりのようなものだと思っております。 
無ければないでなんとでもなってしまいます。
しかしながら、食後のお茶を楽しむことができる "余裕" のようなものがあるとないとでは、
時間の過ごし方の意味合いがいくらか(あるいは大きく)変わってしまうのではないかと思います。
こんなことを書いたところで、世の中の何かががらりと音をたてて変わるわけではないのですが、
今不足しているのは、そんな "余裕" なのではないかと思います。
欲深い我々にとって、お金の余裕というのは底なし沼の如く底の見えないものですが、
気持ちの余裕というのは、時と場合にもよりますが、
其の人自身でもって、ある程度確保できるものだと思います。

"時間を過ごすということ"

わたしにとって大切なフレーズとなっております。

1月30日 水曜日は、定休日となります。 
宜しくお願い申し上げます。

栗の木

栗の木の剪定をしています。 
これらの木々は、枝がいささか縦に伸び過ぎてしまい、
昨年から少しずつ "低くかまえる" 作業をしております。
無知なわたしは「栗が沢山とれる」ということで枝は伸び放題でした。
横に伸び、其処からさらに縦に伸びいつの間にか手のつけられない状態となってしまいました。
まるで無限の成長を期待され増殖し続けた経済のように。
ではどのように "低くかまえる" ようにしていくのか。
昨年のこと。梯子に登り困り果てていたわたしを見るに見かねて声をかけてくれた人がいました。
「上に伸ばし過ぎだ。枝の下から出ている芽を残せ。」と。
上へ上へではなく、下から出ている芽を横へ伸ばす。

その作業を何年か継続することで、木は "低くかまえる" ことになる。
わたしの手が届く範囲の木となる。
無論、栗の収穫は減るのかもしれない。

それでも、わたしの手の廻る範囲の量があればいいのではないか。
その量は、あるいは世の中の誰かにとっては物足りないものなのかもしれない。
それでも、わたしの手の廻る範囲の量があればいいのではないかと思うのです。
何年かののち、いい枝ぶりの栗の木になってくれたら嬉しいです。

1月23日 水曜日は、定休日となります。 
宜しくお願い申し上げます。

"ダイヤモンドダスト(細氷)" とまではいかなくとも、
大地に霜が降りた状態というのは、いくらか幻想的な、あるいは威厳的な感じさえする。
其処に立ち入ってはいけないような、少し引いて観なければならないような世界観。
凍っている、あるいは凍りかけている世界というのは、其の時間軸さえも樹氷と化してしまう。
風も無くまだ昇らぬ太陽も、空を覆う鉛色の雲も動く気配すら無く、
ただ、わたしの吐く息だけが世界が動いているの証のように感じる。
そんな美しい冬を感じることができるのは、わたしのささやかな喜びでもある。

1月16日 水曜日は、定休日となります。 
宜しくお願い申し上げます。

日々を綴る

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリー
最近のエントリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る