【印刷用レイアウト】

休業1週目 ”マリネ”

4月18日の朝はいつものように早起きしてコーヒーを少し多めに淹れて朝食をとった。
ラジオを聴きながら店内を掃除、テーブルと椅子を拭く。
カトラリーの並ばないテーブルは何かが欠けているように見えた。
雨が止んだら花でも摘んで飾っておこうかと思った。

仕込みもなし、皿洗いもなしだと「なにかつくってみるか」という気持ちが湧いてくる。
追われる日常の中で「前」ばかり見ていたので「わき見運転」が少し新鮮なのかもしれない。

パンのレシピを考え、試作。黒胡椒の丸パンは少し胡椒を挽きすぎたけれど
オリーブオイルの香りがふわっとしてなかなかおいしかった。
思いつきで鶏胸肉でタンドリーチキンをつくる。
厚めにスライスした胸肉をヨーグルトとスパイスに漬け込んだ。
少しコクが欲しかったので練り胡麻を加えてみた。
こういう "マリネ" の作業が好きだ。
少し時間はかかるけれどあらたな「変化」が生まれる。

デザート用に買っておいた林檎はジャムにした。
三温糖とレーズン、スパイス、白ワインを少し入れて煮詰めた。
ほうじ茶とクリームでジェラートをつくった。 煮立たせたほうじ茶の香りがなんだか新鮮だった。
「和」のデザートもたまにはいいなと思った。

名古屋で暮らす友人に「仕入れてしまった牛乳をドローンで届けるよ」と冗談。
たわいもない話ができる友人にいつも助けてもらっている。

この時期は畑仕事が忙しい。
インゲン、胡瓜、ゴーヤは「ネット張り」が必要なのだけど、不器用な僕は大の苦手。
でも休業中なので時間をかけてネットを張っていく。
必要なのは時間の余裕と気持ちの余裕だとあらためて思う。

春は素敵な季節としてそこに存在しているのに、
世界のざわつきはおさまることはなくて、
いつ終わり、いつ戻るのかと誰もが思うところ。

「今は "マリネ" の時期なのだ」

僕はそう思っている。

日々を綴る

2020年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー
最近のエントリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る