【印刷用レイアウト】

11月/霜月

コーデュロイパンツの時期を迎えた。
春から仕事着はデニムジーンズ一辺倒だったので、
コーデュロイパンツのあの肌触りと、膝の辺りが少し擦れた感じがなんともなつかしく感じる。
コーデュロイジャケットもコーデュロイキャップも着用することはないのに、
コーデュロイパンツはけっこう好きです。
トップではなくボトムのみという偏見に満ちた嗜好ですが、
考えてみればフリースジャケットは着てもフリースパンツは穿かないし、
スェットパーカーは着てもスウェットパンツは穿きません。
それと同じことだと思えばなんの問題もないように感じますが、
やはりコーデュロイジャケットやコーデュロイキャップの存在もなんだか気になります。
似合う似合わないは別として、ジャケットよりはキャップの方が敷居が低いように感じます。
キャップというよりはキャスケットやハットの方がコーデュロイぽさがより感じられるだろうか。
はてさてそんなことを考えているうちに2022年も終わってしまいそうですね。

<静かな店内の少人数制の営業です>

●御来店はひと組2名様まで、広いテーブルのみ3名様まで。
●お子様連れでの御来店はご遠慮下さい。
●予約は当日の予約のみお受けします。数日先、数週間先の予約はお受けしません。
●予約の時間に遅れた場合は予約取り消しとなります。お気をつけください。

毎週水、木曜日が定休日となります。
ツイッターで営業案内をしています。

日々を綴る

2023年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
カテゴリー
最近のエントリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る