【印刷用レイアウト】

文字を追う

年末年始にかけて読む予定で、 
好きな作家の小説を買いました。
久しぶりの上下巻ハードカヴァーであるこの品を買ったのは、
12月のはじめでした。

明日はクリスマスという現時点で、
上巻はもとより、
既に下巻の161頁まで進んでしまいました。
残すところ180頁程ですが、
到底、大晦日まで持ちそうに無いことは言うまでも無く、
しかし、就寝前には文字を追わずして
眠る訳には参りません。

第一次世界大戦頃のボストンを舞台にした
この物語の展開に引き込まれ、
頁を捲るにつれ、残りの厚みが薄くなっていく様に、
いささか淋しさをおぼえ、
しかし、ついつい読み進めてしまうのは、
小説好きならば誰しもおぼえのあることでしょう。

途中で、他の小説を挟み読みすることが苦手なわたしですが、
やはり潔く読み終えてしまうというのが最善の策なのでしょう。

皆様にとって、よいクリスマスでありますように。
暖かくしてお過ごし下さい。

日々を綴る

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
カテゴリー
最近のエントリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る