【印刷用レイアウト】

8月/葉月

夏野菜の栽培がむずかしくなっているなと年々実感している。

「できない(実らない)」のではなくて、「継続して採れない」ことが問題なのだ。

今年で言えば、短い梅雨のあと、6月なのに気温40度近い日が続いた。
かと思ったら、梅雨明け後の長雨の日々。
日照不足でサラダや葉野菜は育たなかった。

夏野菜は手に余るほどたくさん採れた。
しかしそれは「7月中」という注釈付き。
7月末を迎えた現在でトマトはほぼ枯れてしまい、インゲン、胡瓜も元気がなくなってきた。
8月の収穫量がひと昔前に比べるとずいぶんと減ってしまうのだ。
7月にワァっと採れて月末頃にぱたっと終わってしまうパターンが数年続いている。

猛暑と多雨の中でどのように運営していくのかが大きな課題として持ち上がってくるのだけれど、
「できないなら休む」というのもひとつの方法だと感じている。

・8月は休業して

・秋の実りのための畑の手入れに時間を充てる
・内装工事、設備の入れ替え、メンテナンスに充てる
・新商品の試作、勉強の時間に充てる

というように空いた時間を有効に使ってみてはどうかと考えている。
今年も店が開けられるかどうかわからないような8月ですが、
来年以降の夏の過ごし方を考えていきたい。

<静かな店内の少人数生の営業です>

●御来店はひと組2名様まで、広いテーブルのみ3名様まで。
●お子様連れでの御来店はご遠慮下さい。
●予約は当日の予約のみお受けします。数日先、数週間先の予約はお受けしません。
●予約の時間に遅れた場合は予約取り消しとなります。お気をつけください。

毎週水、木曜日が定休日となります。
ツイッターで営業案内をしています。

日々を綴る

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリー
最近のエントリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る