【印刷用レイアウト】

物価

年末の棚卸の為に、材料の価格表を製作したところ、
全てとはいかないまでも、どれもこれも値上がりしており
「うーん 参ったなぁ」とひとり呟いてしまいました。

上げ幅は小さいものから大きなものまでありますが、
あらためて数字で示してみると、なかなかと重く感じてしまいます。
今夏よりおしぼりも値上がりし、来年よりガス代も値上がりとなります。
「そろそろなんとかしなくては」と頭を悩ませております。
取り扱う品目を減らしたり、抱える在庫を少なくしたりするのもひとつの方法ですが、
畑の運営もより現実的に考えてやっていかなくてはと感じております。

ネガティブな事柄が日増しに増えていくようにも感じますが、
ストーブの火にあたる時に感じるような幸せを少しずつ増やせるように
頑張っていかねばと思う今日この頃で御座います。

11時より17時までの営業となります。

11月21日 水曜日は、定休日となります。
宜しくお願い申し上げます。

芋掘り

良く晴れた定休日は芋掘りに出向きます。

安納芋はほぼ掘り終え、次は里芋といきたいところですが、
今夏の酷暑の影響か、葉の小さなものもあるので、
少し様子を見ながら順に掘っていこうと思います。
まぁしかし土の中からゴロゴロとした塊で芋が掘れると、
思わず「おぉ」と驚いてしまうのは自分でも愉快に思います。
芋が植わっているのだから当たり前と言えば当たり前なのですが。

今月から来月にかけてはヤーコンの収穫もあります。
こちらもゴロゴロと掘れると嬉しいですね。

11時より17時までの営業となります。

11月14日 水曜日は、定休日となります。
宜しくお願い申し上げます。

枯れるということ

かさかさと乾いた音が冬の訪れを告げる。
落葉し、風に運ばれる枯葉はなにを思うのか。
華やかさもなく健気さも持ち合わせず、ただはらはらと舞い散る其の枯葉に目を向けていると
"身を任せる" という言葉が頭に想い浮かんだ。
思いのほか北風が強く吹いたから、あるいは、その時が来たからか。
枝から離れ、地面に落ちるまでの其のわずかな時間、枯葉は舞う。
まるで、観客のいないステージでひとり舞うバレリーナのように。

静かで美しい冬になればいいと思う。

11時より17時までの営業となります。

11月7日 水曜日は、定休日となります。
宜しくお願い申し上げます。

暖房器具

さて、いよいよ冬を迎えるのですが、
今年は窓際の冷え込み対策として、石油ストーブを購入致しました。
対流式のシンプルな商品を探したところ、最終的にふたつに絞られました。

●価格は高くて暖房出力は低い。しかしながら其の佇まいがたまらない "アラジン ブルーフレームヒーター"
●価格はアラジンの1/2以下で暖房出力は2.5倍というパワフルな "トヨトミ対流形ストーブ"

やはりアラジンは捨てがたいですよね。しかしどの程度の性能なのだろうか?
そこで、昨年の冬に訪れた友人宅でアラジンに火が入っていたことを思い出し、
早速彼にメールを送って問い合わせました。
するとすぐに返信のメールが届き「うちのはトヨトミだよ!暖かいよ!」とのこと。
洒落たリノベーションマンションに置かれた洒落たアラジンだったはずなのですが、
どうやら私の勘違いだったようです。我ながら見る目がないですね。

ということで、値打ちでパワフルな方を選ぶという現実的な選択となりました。 

10月31日 水曜日は、定休日となります。
宜しくお願い申し上げます。

研修旅行

一泊二日の旅行でした。 
向かった先は新潟市。

新潟空港に降り立ち、そそくさと車を借りて移動したのですが、
わたしの気持ちは完全に "佐渡島" に向いておりました。
金(ゴールド)を掘り、ホクホク顔で岐阜へ戻りたいところでしたが、
生憎と佐渡島へ渡っている時間の余裕がないとのことで泣く泣く断念。
財布はいくらか薄くなりましたが、得るもの多き旅となりました。

広くとられた道路は綺麗に整備され、それでいて交通量は少なく、車での移動はいたってスムーズ。
街の中央を信濃川が流れ、いくつもの "いい顔" をした橋が架かっている。
松林の向こう側には日本海がひらけており、潟(湖沼)が街に落ち着きをあたえ、
常に "水" の存在を肌で感じることが出来る場所である。
大きなスタジアムや空港、鉄道の駅などがある街なのにスペースの "ゆとり" を感じられ、
古いものと新しいものとがうまく混じり合い、そこかしこに "アート" が展示されている。

海岸から眺める佐渡島は、なかなかのものです。
恰幅の良い島、とでも申しましょうか。
「海岸からたらい船でどんぶらこと渡れないものか?」 とも思いましたが、
勿論無理な距離でした。
佐渡は大きくそして遠いのだ。

10月24日 水曜日は、定休日となります。
宜しくお願い申し上げます。

日々を綴る

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
カテゴリー
最近のエントリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る