【印刷用レイアウト】

エントツソウジ

薪ストーブの煙突掃除をしました。

といっても掃除をしたのは室内側だけです。
外側の煙突は屋根の防水工事の際に、屋根屋さんに道具を渡してシコシコとやっていただきました。
大変な作業なのでとても助かりました。
12月に入って、最高気温が10度以下の日がきたらいよいよ薪ストーブの出番です。

薪を運び、焚きつけ、そしてオーロラ燃焼。
薬缶からは湯気が上がる。
秋は足早に過ぎ去り、落葉が冬の到来を告げる。
霜が降りた土の上には、結晶が淡い絨毯を作る。
僕はその土の中から大根を引き抜き、凍えた手をストーブにかざす。
温もりが体の芯まで伝わる。
いい冬を過ごしたいと思う。

11月20日 水曜日は、定休日となります。

宜しくお願い申し上げます。

リノベーション

二階の窓に新しいペアガラスが入りました。
これで大掛かりな工事は終わりとなります。

あらたな窓、壁、天井、床、照明。
僕は静かに過ごすことのできる空間が作りたかった。
ミニマムでセンシティブな空間。

時折ゆれる枝葉を窓越しに眺め、再び膝の上の本に目を落とす。
開け放った窓から風がいたずらに本の頁を捲っていく。
鳥が鋭く横切っていく。
傍らにはコーヒーカップとソーサー。
窓を閉じ、椅子に掛けなおし、少しページを戻りつつ文字を追う。
陽が傾くと壁の色が濃さを増した。
深い深い灰色となった。
栞を挟み本を閉じた。
しばし夕闇を見つめた。

来年に準備が整い次第、何かしらはじめたいと思います。

11月13日 水曜日は、定休日となります。

宜しくお願い申し上げます。

11月7日 木曜日

窓の工事が無事に終わりましたので、11月7日 木曜日は通常通り営業致します。

宜しくお願い申し上げます。

お楽しみ

コーデュロイのズボンを買った。
風がやむのを待つ間、持て余した時間を買い物に充てたのだ。
あわせて靴下も買った。トレッキング用の少し厚手のモノだ。
メリノウールのインナーも気になったのだけれど、
今日のところはやめておいた。
次回の楽しみをとっておいたのだ。
この先のことなんて誰にもわかりはしないのだけれど、
なにかしらの "楽しみ" は持っていたい。
旅行にしろ、買い物にしろ、会いたい誰かにしろ。

買い物といえば、今僕が眺めているパソコンの画面が上下に揺れるようになって、はやひと月ほど。
さして利用しないのだから値打ちなものにするか、それとも欲しいなと思っている洒落たものにするか、
そろそろ決めないと視力低下にもなりかねない。
さて、どうしたものかと悩める11月初旬です。

11月6日 水曜日は、定休日となります。

宜しくお願い申し上げます。

収穫

安納芋、ヤーコン、里芋を収穫。
土から掘り起こして、その手応えにひとり喜ぶ。
平和な時間だ。飲み物をごくりと飲んでさらに掘る。
また出て来る。土から掘り起こしてその手応えにまた喜ぶ。
そうやって秋の午後は暮れてゆく。
バンに積み込み畑をあとにする。
振り返ると猫があくびをしている。
鳥がなにかをついばんでいる。
残りはまた今度。
晴れが3日続いたあとで。

10月30日 水曜日は、定休日となります。
10月31日 木曜日は、お休みとなります。

宜しくお願い申し上げます。

日々を綴る

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
カテゴリー
最近のエントリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る