【印刷用レイアウト】

弥生

3月を迎えました。

地に足のつかぬまま1年間バックパックを背負って歩いてきたように感じます。
昨年の3月は予約のキャンセルが過去最高数で、その後も不安定な月日が続きました。
また1年同じことが続くのかもしれないですが、
歩くことができるのならば自分の歩みで歩けばいいのだ、そのように感じています。
やれることは山のようにあるし、やってみたいこともたくさんあります。
もし時間が余ってしまうのなら、それらのために時間を当てればいいのだから。

ということで、時間を見つけてはコーヒー豆の豆煎りに挑戦しています。
「なぜ今まで挑戦してみなかったのだろう?」というくらい面白いのです。
のちの「抽出」をイメージしながら煎るので料理とは少し違う感覚ですね。
「自家焙煎」がうたえるまでに何年かかるのかわかりませんが、
どちらかといえば、よりコーヒーを知るための作業ということになります。

3月は「摘み菜のスープ」です。

七草粥がそうであるように春のかおり、ほろにがさに気持ちが浮き足立ちます。
料理は収穫の続く冬野菜に春のエッセンスがいくらか加わります。
本格的な春の訪れはまだまだですが、
ひだまりでまどろむ猫のような気分にさせてくれる日もあることでしょう。

デザートはレアチーズケーキ、ティラミス、バターパウンドケーキ
ヘーゼルナッツとキャラメルのジェラート、白胡麻のセミフレッド
となります。

どうぞよろしくお願いします。

<少人数生の営業>

●御来店はひと組2名様まで、広いテーブルのみ3名様まで
●お子様連れでの御来店はご遠慮下さい

毎週水曜、木曜日が定休日となります。

日々を綴る

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリー
最近のエントリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る