【印刷用レイアウト】

葉月/8月

「避暑地」

子供の頃は、暑くないところなんて「退屈な場所だろう」と勝手気ままに思っていたけれど、
つまらない大人になり、暑さに怯える身にとっては、
これほど美しい響きの言葉はないだろうと感じるのです。


「避暑地」

静かな湖畔。こじんまりとしたコテージのデッキには木製のテーブルとラウンジチェア。
冷えたハイネケンを片手に、花の季節を終えた水芭蕉を眺めながらちびちびとやる。
ビーチパラソルもカキ氷も夏を盛り立てる音楽も無し。
「避暑地」はどこまでも静かなのだ。
針葉樹に囲まれた湖畔では水鳥が羽を休めている。
時折、水鳥が羽ばたく音が辺りに響く。

クラブハウスサンドウィッチと2本目のハイネケンを注文する。
深い森の奥行きが空をちいさく感じさせる。
どこに焦点をあわせるでもなく、ただ何処かを見つめている。
クラブハウスサンドウィッチがテーブルに運ばれる。
あたりまえだけど出来立て作りたてだ。
トマトケチャップを添えたフカフカの卵と3種類のピックルス。
それに薄切りのローストビーフと粒マスタードを挟んだクラブサンド、
付け合わせのルッコラのサラダ・・・。

こんなことを想像しながら今日もキッチンと客席を行き来し、畑に出て収穫作業です。

いつの日か「避暑地」で夏を過ごすのだと思いながら。

<静かな店内の少人数生の営業です>

●御来店はひと組2名様まで、広いテーブルのみ3名様まで
●お子様連れでの御来店はご遠慮下さい

毎週水、木曜日が定休日となります。

※畑仕事が忙しい時期ですので場合によっては臨時休業もあります。
ツイッターで営業案内をしています。

日々を綴る

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
カテゴリー
最近のエントリー
アーカイブ

ページの先頭へ戻る